ルフトハンザは乗客に高速Wi-Fiを提供しています

2003年から2006年に誤ったスタートを切った後、ルフトハンザの機内インターネットアクセスは、短距離および中距離のフライトでの高速WiFiインターネットアクセスの改善の発表で、これまで以上に大きく、より良くなっているようです。

新しい高速インターネットアクセスは、EU加盟28カ国の30MHz Sバンドスペクトル割り当てで動作するグローバルXpressネットワーク(Kaバンド)を介してInmarsatとのパートナーシップによって提供されています。

ルフトハンザドイツ航空は、WiFi機能とSMSおよびMMSサービスのGSMサービスにFlyNet®を引き続き使用することを確認しました。中国への旅行者にとって注意する必要がある欠点は、FlyNet®が中国領空を移動する際にオフになることです。

フライネット®料金と請求(長距離便のみ)

1時間:9.00ユーロまたは3,500マイル
4時間:14.00ユーロまたは4,500マイル
フルフライト(最大24時間):17.00ユーロまたは5,500マイル

新しいInmarsatサービスの価格については発表はありませんが、割引や無料アクセスを提供する場合は、チケットクラスまたはフリークエントフライヤーステータスレベルにリンクすることは論理的です。 eDreamsによると、WiFiを提供する世界中の航空会社のわずか15%が無料で無料で利用し、ほとんどの航空会社が収益チャネルとして使用しています。

ルフトハンザドイツ航空は、音声サービス、VOIP、Skypeなどのアプリを、FlyNet®サービスで現在行っている平和的な旅行体験のために顧客の好みに合わせてブロックすると発表しました。

Post Tags:

David Iwanow

I have been travelling around the world since I was young and travel is in my blood. I've travelled to almost 40 countries around the world and can now be found based in Amsterdam, The Netherlands. I've visited over 6283 places with 12,449 checkins on Foursquare/Swarm and I'm a level 9 Google Local Guide with 497 reviews and having posted 9,133 photos which have been viewed 59 million times.