カンタス航空の国際線は2021年7月まで運休

QANTAS GROUP FY20 FINANCIAL RESULTS

コロナウイルスが国際旅行にどれだけ影響を与えているかを示すものとして、オーストラリア最大の航空会社カンタス航空は、2021年7月まで国際線の運航を停止することを発表した。このニュースはカンタスグループの2020年度決算の一部として発表され、世界中のオーストラリア人駐在員の間に衝撃波を送っている。

カンタスグループのアラン・ジョイス最高経営責任者(CEO)は声明の中で、2020年度下半期は「国営航空会社が100年の歴史の中で直面した中で最も厳しい条件のセット」であると述べたが、同社には “それに対処するための回復力 “があると付け加えた。

彼らがニュージーランドへのトランス・タスマン便を早期に再開する可能性はあるが、国際線がある可能性は非常に低い。しかし、アメリカへのフライトは2021年12月まで運休となる可能性が高い。

ジェットスターブランドも2020年6月には、カンタス航空が30%の株式を保有していたベトナムのジェットスター・パシフィック航空から撤退するなど、すでにいくつかの削減に直面しています。シンガポールに拠点を置くジェットスター・アジアは、機材と人員を25%以上削減しており、ジェットスター・ジャパンは7月に国内線の全路線を再開していますが、8月にはまだ75%のキャパシティしか計画していません。

出典:https://www.qantasnewsroom.com.au/media-releases/qantas-group-fy20-financial-results-navigating-exceptional-conditions/

Post Tags:

David Iwanow

I have been travelling around the world since I was young and travel is in my blood. I've travelled to almost 40 countries around the world and can now be found based in Amsterdam, The Netherlands. I've visited over 6283 places with 12,449 checkins on Foursquare/Swarm and I'm a level 9 Google Local Guide with 497 reviews and having posted 9,133 photos which have been viewed 59 million times.

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*