ヒースロー・レールリンクはさらに2年遅れ

Western Rail Link to Heathrow

協議期間は当初2019年11月を予定していたが、総選挙後まで延期されたが、コロナウイルスの影響で2020年の協議も延期された。NetworkRailは、スラウ(ラングレー駅)からヒースロー空港第5ターミナルまでの新たな直通路線を提案していた。グレート・ウェスタン・メインラインからの6.5kmの鉄道リンクにより、南海岸、南ウェールズ、西ミッドランドからの乗客は、ロンドン・パディントンへの余分な移動を避けて、ヒースロー空港に戻ることができます。

提案されている鉄道路線は、各方向に1時間に4本の列車を運行することで、レディング空港とヒースロー空港間の所要時間を短縮します。ヒースロー空港への鉄道接続が改善されることで、レディングからの所要時間は55分から26分に、スラウからは31分(バス利用)から7分弱に短縮されることになる。

9億ポンド(約9億円)の新しい鉄道接続の開通により、M3、M4、M25の混雑が緩和され、ロンドン・パディントン駅の乗客の混雑も緩和されることになる。レディング駅は、それが2014年に改装されたときに新しい鉄道サービスを収容するためにすでに設計されていたし、列車の準備ができてターミナル5で空のプラットフォームがあります。

ヒースロー空港での収益の低下と航空会社からの旅客需要の低下により、この鉄道サービスが数年以上遅れる可能性がある。

Post Tags:

David Iwanow

I have been travelling around the world since I was young and travel is in my blood. I've travelled to almost 40 countries around the world and can now be found based in Amsterdam, The Netherlands. I've visited over 6283 places with 12,449 checkins on Foursquare/Swarm and I'm a level 9 Google Local Guide with 497 reviews and having posted 9,133 photos which have been viewed 59 million times.

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*